古き良き日本の風俗の復活を願う

これだけ風俗系の求人で溢れ返っていても、セックスワーカーへの偏見が無くなる事は無い。胸を張って、私の仕事は風俗嬢ですと言える時代はいつになったら訪れるのだろう?少なくとも、それが今ではない事は確かだが、実は江戸時代の頃の日本で既に実現していたと言えば驚かれるだろうか。

元来、日本という国は性に対してオープンだった。当時銭湯という言葉が使われていたかは不明だが、そこでは男女を別々の風呂場に分けたりはしなかった。赤ちゃんからお年寄りまで、そして男性も女性も一緒。それが当時の日本だったのだ。

人々の考え方が変化したのは明治時代以降だという。この考えの元をたどるとキリスト教が関係してくるとも聞くが詳細は分からない。ただ、この頃から銭湯では男女を分ける様になってきたのだ。

あまり良いとは言えない現状だが希望が無いわけではない。それはこの国に残された数少ない混浴のお風呂、ソープである。昔はトルコ風呂とも言ったが、これは明治政府の圧力に対して抵抗する一つの形だったのではという説もある。

誰もが気軽に混浴風呂に入り、気になる異性がいれば交わる。そんな日常が送れる様になった時、日本は本当に世界に誇れる国になるだろう。